アトピー/アトピー性皮膚炎でお悩みのみなさま是非お問い合わせ下さい。-内山九段クリニック-TEL:03-3511-1330

内山九段クリニック
TOPページ>アトピー治療症例7
メニュー
メニュー
金の糸治療術
免疫とアレルギー疾患
アレルギーとは
アトピー性皮膚炎とは
アトピーが治り難い理由
理由1
理由2
理由3
アトピー性皮膚炎治療
治療1
治療2
治療3
金の糸治療術とアトピー
治療症例
治療料金
アトピー治療質問
アクセスマップ
院長の紹介
お問合せ
アトピー用語集
参考文献
トップページ
アトピー症例6
症例7
アトピー治療の症例7
 
【症例7】 22歳 男性

顔面にアトピー性皮膚炎を持つ症例です。右中指にも、手湿疹といってアトピー性皮膚炎に合併しやすい皮膚炎が起きました。仕事で水仕事が多いため罹患しましたが、主治医に「仕事を止めるしかない」と言われ、当院を受診しました。原因(アトピー性皮膚炎+水仕事)を除去することが難しく、従来の治療では改善が得にくいと判断し、金糸治療の適応としました。

【右中指アトピー治療前】
アトピー治療前 アトピー治療前指
【アトピー治療2週間後】
アトピー治療2週間後 アトピー治療2週間後指
【アトピー治療後2週目】
コメント(内山)

手湿疹はアトピー性皮膚炎の合併症に見られますが、勿論単独でも生じる皮膚炎です。炊事を行う主婦や、調理師、看護師、美容師などの職業に従事される方にもしばしば認めます。医師の「仕事を辞めないと治らない」とは厳しい言葉で、実際簡単には転職できませんし、イコール「治りませんよ」と言っているに等しい訳です。手湿疹は、水などに接する機会が多くて皮脂が必要以上に落ち、バリア機能の低下がその原因ですが、逆に手袋などの工夫+薬物療法で治ることも当然可能な疾患です。しかし仕事上どうしても原因(水にじかに接する)を除去出来ない場合も少なくなく、このようなケースは金糸治療の適応となると考えています。